皮膚科(湿疹・扁平母斑など)

2012年9月15日いちごちゃんを出産。2015年春第二子出産予定☆妊娠・出産・子育ての日々を記録していきます。
妊娠初期~のマタニティ期のこと、お出かけ、育児グッズ、玩具、離乳食、便利グッズの体験談を含めた紹介など。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も元気に育児中
ポチッとして頂くととても励みになります。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村
スポンサードリンク
秋になりいちごちゃんの体調に少し変化がありました。

目を痒がるようになりました。
まつげが入ってたときもあるけど、
痛がったりかゆがったり…泣き叫びます。

公園で遊んだり、室内に入ったときに症状がでやすい様子。


首や肘の内側、膝の裏にかゆみとかぶれで真っ赤でカサカサになりました。
あせもに処方されているステロイドでは改善せず、保湿剤でも効果なし。
アトピーやアレルギーを心配してしまうような症状が続いています…



皮膚科ではまだアトピーとは診断できるほどの症状ではないと言われ少し安心しましたが、
眼科ではハウスダストや花粉などで目が炎症しているかもと言われいます。


とりあえず、お薬を使って経過を見守ることになりました。
よくなってくれますように!!

今日も元気に育児中
ポチッとして頂くととても励みになります。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
スポンサードリンク
いちごちゃんとみかんちゃんのあせもよくなってきました。

初めて行ったおじいちゃん医師の皮膚科のお薬が効いたようです。


発疹のひどいところはステロイド剤と保湿剤混合の塗り薬

全体的にある軽いあせもにはローション


これ、どちらも先生配合のお薬のようで
どんなものが入ってるのか解らない…

第1子だと警戒して使えなかったり、
何が入ってるのか聞き出そうと頑張ったんだろうなぁ。

用途や回数を守ってるから大丈夫。
それできれいになってきてるんだからそれでいい。

どっしり構えられるようになりました。


暑さも和らげばあせもも出なくなるよね!?
あと少しの期間ですね。

今日も元気に育児中
ポチッとして頂くととても励みになります。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村
スポンサードリンク
秋の間は肌トラブルもほぼなくひじの内側や膝の裏もつるつるきれいだったのですが
最近、お昼寝から起きると
「かゆい かゆいー!」と赤くなった腕や首をよく掻いていました。

小児科で処方してもらった「プロペト」(ワセリンの純度が高いもの)を塗っていたのですが
どうにも我慢できない痒さになってきたようで
寝ている間もポリポリ掻くようになってきました。

久しぶりに皮膚科の受診です。

先生の診断は「湿疹」

乾燥して肌のバリア機能が下がる、肌が荒れている。

汗や刺激が加わり赤く発疹ができる。あせもの部分もある。

こういう発疹をあせもも含めて「湿疹」という診断になります


ということでした。
相変わらずわかりやすい説明をしてくれます。
子どものことで不安や疑問に思っていることを
質問した以上に丁寧に教えてくれて安心させてくれます。

◆処方薬◆
・ヒルロイドクリーム・・・全身の保湿
・キンダベート軟膏(ステロイド)・・・顔~首用
・ロコイド軟膏(ステロイド)・・・体用

1日2回。全身を保湿してからザラザラがさがさしている部分にステロイドを少量塗ります。
赤くなっていてもザラザラしていなければステロイドは不要。
症状がよくなっても保湿だけは数日続けてあげること。

これで早くよくなりますように。

ちなみに、処方されたステロイド軟膏ですが
妊婦が使って胎児に影響がないのかも確認しました。

弱いステロイド、かつ外用薬なので皮膚から吸収される分はごく微量。
胎児への影響は心配しなくて大丈夫。
子どもへ塗ってあげて指先につく程度なら問題ないそうです。
アトピー性皮膚炎の方が妊娠しても外用薬のステロイドは継続使用できるくらいだそうなので
幼児に塗ってあげた残りが指先についていても心配しなくていいんですね。

夏場少し不安に思いながら使っていたので
質問できてよかったです☆

今日も元気に育児中
ポチッとして頂くととても励みになります。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。